TPOをわきまえた服装をすることが、相手に好印象を与えることが出来ます。

相手に与える印象を大きく左右するといっても過言ではない「服装」は婚活においてはとても重要なので、しっかりチェックしておきましょう。
MENU

婚活での服装

 

お見合いや婚活パーティでは、普段着NGの場合も多く、どのような服装をしていけば良いのか迷ってしまいますよね。

 

TPOをわきまえた服装をして行くことは相手に好印象を与えることにも繋がります。

 

そこでこちらでは婚活の場にふさわしいファッションを男女別にご紹介していきたいと思います。

 

 

男性

 

大人数のパーティではカジュアルなスーツが無難

婚活のためにネクタイを選ぶ男性

婚活パーティはレストランやホテル等のイベント会場を貸し切ることも多いので、きちんとした印象のスーツスタイルで行くのが無難です。

 

その際、ネクタイやシャツに色味のあるものやさりげない柄が入ったものを選ぶと、カジュアルでおしゃれな印象を演出できます。

 

 

サイズ感の合った服を

男女問わず服装がやぼったく見えてしまう原因の1つにサイズ感が合っていないことがあげられます。

 

例えば、普段はMサイズを着用しているという方でも、実は上半身はSサイズのほうがしっくりくるということが往々にしてあり得ます。

 

だぼっとしたシルエットはあまり婚活の場にふさわしくありませんので、一度普段着るよりも少し小さ目のサイズを選んでみて、ぴったりかどうか店員さんに見てもらいましょう

 

 

カジュアルなスタイルにはジャケット&パンツ

街コンや少人数でのパーティなど、カジュアルな婚活には綺麗目に見えるジャケット&パンツスタイルがおすすめです。

 

  • その際細身のシルエットを選ぶようにすると、女性から好印象です。
  • また、足元はスニーカーは避けて革靴にすると、カジュアルな印象を抑えることができます。

 

 

 

女性

 

無難なのはワンピース

婚活にワンピースを着てきた女性

将来の奥様を探しにきている男性に好印象を持たれるには、綺麗目できちんと感のある服装をすることが大切です。

 

露出は控えめにし、ミニスカートやオフショルダー、胸元の大きく空いた服などは避けるようにしましょう。

 

一番無難なのは、可愛らしさもありつつきちんとした印象に見えるワンピースです。華やかさがあり、柄も色も様々あるので他の参加者の方とかぶることもあまりありません。

 

 

一目で分かる高級ブランドは避ける

男性は倹約家な女性に好感を持ちます。
逆にお金の使い方が荒い女性は、将来の伴侶としては敬遠されてしまいます。

 

そこで、婚活に参加する際の持ちものに高級ブランドのバッグや時計は避けるようにしましょう

 

それらのブランドは男性から一目でそのブランドだと分かるデザインのものが多く、「金のかかる女」と思われてしまってはマイナスです。

 

そのため普段は全身ブランド物でかためている方も、婚活の際はあまり値のはらないかっちりとした印象の小物を選びましょう

 

 

ヒールやアクセサリーは控えめなものを

ヒールの高いパンプスやアクセサリーをじゃらじゃらつけるのはあまり印象が良くありません。

 

  • ヒールは高くても5センチ程度のものが無難でしょう。
  • アクセサリーに関しても、ネックレスならば何連にも重なっているものやだらだらと長いものは避け、小ぶりのプチネックレスにするのがおすすめです。
  • そして指輪は恋人からの贈り物ととらえてしまう男性は少なくないようですので、指輪をしていくのはやめましょう