若い世代と比べると相手に信用され、「自立した大人」というイメージを持たれます。

婚活に参加する人は30代が一番多いので、同世代と出会える確立が高いことはとても大きな魅力です。また、20代よりも経済力・一般常識が身についていることも◎です。
MENU

30代の魅力

 

婚活市場で最も多いと言われているのが30代です。
30代になると周りに既婚者が増えていき、焦って婚活をはじめる方が多いようです。

 

では、婚活における30代の魅力とはなんでしょうか?
ご紹介していきたいと思います。

 

20代の魅力はこちら

 

 

同年代の異性を探しやすい

婚活の場で最も多い30代は、同年代のパートナーを探しやすいというのが利点の1つです。

 

結婚相手は若い方が良いと考える方は多くいらっしゃいますが、一般的に10歳程度年が離れてしまうと会話や趣味が合わないことも多く、やはり話していて気が楽な同年代に落ち着く方もたくさんいらっしゃるようです。

 

その点で、同年代の異性が多数参加している30代は、気の合うパートナーが最も見つけやすい年代といえます。

 

また、30代は婚活市場のちょうど中間層にあたるので、若い世代や上の世代ともまったく会話がかみ合わないということが少なく、異性と親密になるチャンスが多いのも利点です。

 

 

 

経済的にも自立している

自立している女性

20代はまだ社会に出て数年で、やっと経済的に落ち着いてきた頃という場合が大半だと思われます。

 

一方30代を過ぎると経済的にも余裕があり貯蓄もある程度ある「自立した大人」というイメージを持たれるため、結婚相手にふさわしいと思ってもらえる機会も増えていきます

 

しかし、一方でそのような経済的に安定しているという印象を持たれてしまうためそのイメージを裏切ってしまうような言動は控えるのが無難です。

 

若い世代を相手にするからといって、無理に若い頃のテンションで接する必要はありません。それよりも落ち着いた大人の雰囲気を醸し出す方が好印象を持たれるでしょう。

 

 

 

一般常識を持っている

30代ともなると社会経験も多く、一般常識を兼ね備えているという良い印象を持たれます

 

結婚相手にするならば、「若く容姿が良いだけで一般常識に欠ける人は嫌だ」と考える方は多くいらっしゃいます。

 

そのため若い世代と比べると相手に信用され、実際に結婚相手の候補として認識されることが容易であるといえます。